デザイナーのプロ・アマチュアの違いはクォリティの差だと思います。
クォリティといっても見せ方やデザインの引き出しなどを増やすには経験が必要で時間がかかります。
作業のスピードを早くして制作にかける時間を増やすことが一番早くクォリティを上げる方法だと思います。
また、料理人なら包丁を大切にするように、プロならツールを使いこなすことが大切だと思います。
僕が試して実際に早くなったillustratorの使い方をご紹介します。
今回はコマンドショートカット編です。

illustratorのコマンド

よく利用するものから覚えておくと便利なものをご紹介いたします。

オブジェクトのコピー

illustratorで一番使うのはこのコマンドだと思います。

基本のコピー方法

よく使われるコピー&ペーストです。
「V」の代わりに「F」を使うとコピーした位置の真上にペーストされます。
「B」を使うとコピーした位置の真下にペーストされます。

「Command」+「C」→「Command」+「V」
コピー
「Command」+「C」→「Command」+「F」
オブジェクトの真上にコピー
「Command」+「C」→「Command」+「B」
オブジェクトの真下にコピー

便利なコピー方法

「Option」を押しながらオブジェクトを動かすと元の位置にあったオブジェクトを残しながらコピーすることができます。またオブジェクトを動かす時に「Shift」を押すことで垂直方向にオブジェクトを複製することができます。

オブジェクトのロック・非表示

作業中に「背景を動かさず編集したい」逆に「背景だけを作業したい」ということがよくあります。そんな時によく使うのがオブジェクトの「ロック」と「非表示」コマンドです。

オブジェクトの非表示

「Command」+「3」
非表示
「Command」+「Option」→「3」
非表示を解除

オブジェクトのロック

「Command」+「2」
非表示
「Command」+「Option」→「2」
非表示を解除

全選択・選択解除

レイヤーの内容を全て別のレイヤーに移動させたり削除するときによく利用するコマンドです。
選択解除は拡大時やテキスト入力を辞めるときに利用するコマンドです。

「Command」+「a」
全選択
「Command」+「shift」+「a」
選択解除

ツールの切り替え

ツールを切り替えるたびにマウスを動かしてクリックしてという動作をするのは非常に時間がかかります。
ツール切り替えのコマンドを覚えると時間を大幅に削減できます。

「v」
選択ツール
「a」
ダイレクト選択ツール
「shift」+「o」
ダイレクト選択ツール
「p」
ペンツール
「t」
テキストツール

まとめ

コマンドを覚えるのは大変と言う方もいると思いますが、意識的にコマンドで切り替えることで作業スピードが劇的に早くなるのを感じるかと思います。まずはできるところから始めてみてください。