事業会社と制作会社を経験して感じた求められるWEB制作スキルの違い

事業会社と制作会社を経験して感じた求められるWEB制作スキルの違い

WEB制作のスキルと言っても様々な役割があります。デザイン、コーディング、サイト分析、SEO、アフィリエイト、ライティングなどの項目があり、「デザイン」だけをとっても、情報整理やレイアウトを決めるUI、使い勝手・心地よさを追求するUX、ロゴやキャラクターを作成するイラストレーター、カラーやサイトのイメージを決めるディレクションのスキルなどがあります。

WEBデザイナーとして何社か働いてきた経験から、事業会社と制作会社のWEBデザイナーでは役割にに大きな違いがあると感じたのでまとめました。

制作会社と事業会社の違い

「WEBデザイナー」と同じ名前でも役割、業務内容が異なる理由は会社の性質にあります。
会社の性質から見る違いをまとめました。

目的の違い

一番違うのは会社の目的です。制作会社は制作したものに「利益」が生じるので依頼した人・会社を納得させるようなものを作ることが大切です。事業会社ではWEBで制作したもの自体に「利益」が生じることは少ないため、作ったものがエンドユーザーや社内で役に立っているかが重要です。

経験して感じたのは制作会社の場合は制作クォリティ、資料、納期が重要視され、事業会社の場合は営業成果、現場の声、お客様の声が重要視されるように感じました。

スタッフの違い

WEBの仕事に携わる人だけしかいない制作会社に対し、事業会社ではWEBと直接的に関係がなく現場に近い人がいるのが大きな特徴です。
制作会社では同じ業務を行いWEB情報や制作ノウハウを共有する人がいます。
逆に事業会社では現場に近い位置で仕事をすることができるため、ただ単に制作するだけでなく実際のユーザに求めれるものを追求できます。

仕事・役割の違い

制作会社では専門的なスキルを持った人が多いためサイトを分析する人、要件を定義する人、情報を整理する人、デザインを作成する人、サイトを実装する人のように分業で仕事をこなすことが多いです。逆に事業会社では専門的なスキルを持った人が少ないため、ほぼ全ての業務に関わり社内でできない部分は他の会社に依頼することが多いです。
制作会社では一つのスキルを磨いていくことができ、事業会社では制作業務の全体を把握することができます。

裁量権の違い

裁量権は当然立場によって異なるが制作会社の場合、制作ディレクターが裁量権を握っています。
事業会社の場合は部署の上長や現場のリーダーが裁量権を握っていることが多いです。
要件をうまく定義できないと言われたものを作るだけの仕事になってしまうことがあります。
制作会社ではWEBの新しいスキルを、事業会社では現場に役立つ情報をインプットしてリードできるようにする必要があリます。

制作会社で得られたスキル

制作会社では大きく分けると作業効率化、スケジューリング、クォリティチェックのスキルが身についたと感じます。

作業の効率化

納期が限られた中で制作を行うため、業務が滞ることなく進捗することが大切です。そのため、作業の優先順位を明確化し、2度手間にならないようなファイル管理方法や作業分担のノウハウが身につきました。またillustratorのコマンドやPhotoshopの自動化処理など業務時間の短縮につながる方法を学ぶことができました。

スケジューリング

制作会社では同時進行で複数のプロジェクトを進行することが多いです。また、外部での確認作業が必要となるためスケジュール通りに制作を進行するのは非常に困難です。次回の打ち合わせ時の確認事項は何か?そのために何を準備すれば良いか?フィードバックがありそうな部分はどこか?など事前に把握し対策することができるようになりました。

クォリティチェック

制作会社は依頼先が有ることで成り立つので、制作物に過失が有ると会社の信頼や経営状態に大きく影響してしまう。そのため、チェック項目とチェック体制がしっかりしています。また、大企業の案件の場合ロゴの使い方のレギュレーションやコーディングのレギュレーションがしっかりしていてデザインやコーディングの基本の部分を学ぶことができました。

事業会社で得られたスキル

事業会社では大きく分けるとサイト分析、提案力、マネジメントのスキルが身についたと感じます。

サイト分析・数値解析

事業会社では、制作物より事業の目的・目標が重要となります。そのため、漠然といいものを作ろうという業務は存在しないです。
制作の業務を行う時に、「現状では何がうまくいってないのか?」「どうやったら問い合わせやアクセスが増えるのか?」「どんな人に見せるものなのか?」という目的の部分がはっきりしています。そのため、仮説を裏付ける数値解析やサイトの分析スキルが重要になります。

提案力

事業会社ではいいものを作っても費用対効果が悪い場合、評価されないことが多いです。新しいものやいいものだと評価されるには作った結果どうなるかの方が重要視されます。
スキルを持つことよりも業務を理解して役に立ちそうだとイメージさせる資料や他社での事例を知っておくことが重要になります

マネジメント

スキルを持っている人が少ないため、制作の新しい情報を発信したり、メンバー間での業務のやり方を確立していくことが必要になります。マニュアルの作成、バージョン管理システムの構築、フィードバックの共有方法など制作メンバーをマネジメントするスキルが身につきます。

まとめ

どちらも働いて感じたこと

制作で高いパフォーマンスを発揮するには問題解決能力が必要だと感じました。問題解決能力は2つあって問題を事前に予測し避ける能力、問題が起きた時に解決する能力である。解決できそうな方法を探しだす検索力、制作進捗を把握するコミュニケーション力が会社では求められる。

どちらで働く方がスキルアップできるのか?

会社に頼ってもスキルアップはできないと感じたのが正直な感想です。スキルアップするには自分のインプットする時間が必要だと感じました。インプット時間を取れる会社を選び、インプットしたものを試せる会社であればスキルは伸びていくと思います。制作会社では一つのスキルを極めることに向いていて、事業会社では幅広いスキルを身に付けることに向いていると思いました。
こちらを参考に興味の有る方は制作の仕事を初めてみてはいかがでしょうか?